スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

「パチンコがなくなる日」の感想・レビュー


パチンコがなくなる日―警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来
(主婦の友新書、著者:POKKA吉田)

■目次
第1章 警察とぱちんこ (暴力団から警察へ/警察天下りの行方 ほか)
第2章 釘と換金のグレーゾーン (釘のグレーゾーン/換金行為のグレーゾーン ほか)
第3章 パチスロがなくなる日 (「灼熱牙王」衝撃のドタキャン/タガが外れたギャンブル性へ─爆裂機を実現させた手口 ほか)
第4章 マックスタイプがなくなる日 (ぱちんこメーカー 野望前/日工組内規について ほか)
第5章 民族とぱちんこ (ぱちんこはどこの国の文化?南北「対立と和解と反発と与信管理」 ほか)

amazonでレビューを見る

■感想

アマゾンのランキングで上位に来ていたので知り、タイトルに惹かれ即購入しました。
パチンコがなくなる日」って書名が衝撃的だと感じたのですが、実は主婦の友新書の”~がなくなる日”っていうシリーズ物だったようで…
他にも「バラエティ番組がなくなる日」「マイナス思考がなくなる日」「ラーメンがなくなる日」なんてのもあるようです。

目次を見るとなんともパチンカー・スロッターならば興味がわくであろう言葉が並んでいます。

この本には、なんとなく見聞きしてはいたものの詳しくは知りえなかった部分についてしっかり書かれています。まあ正直ちょっと小難しい部分もありますが、そこは流しつつ読んでもいいんじゃないかなと。
とにかく(´・∀・`)ヘー連発で知らないことを知ったっていう知的な満足感がありました。

まずまえがきで、あの押尾学事件とパチンコ界との関係を実名入りで書いちゃってます。
いきなりディープなネタでガツンときたなーって感じ。ツカミはオッケってとこでしょうか。

そして第1章は暴力団や警察との関係について。

これ読んで思ったのは意外とパチンコ業界もただ警察の言いなりになってるわけでもないんだなと。
かと言って露骨に対立するわけでもなくまさにビミョーな関係といえるんですね。
まそりゃ暴力団よりは警察のほうが断然マシですし、よかったんじゃないかな。

第2章で釘と換金のグレーゾーンについて。

換金がグレーというのは多くの人が知っていることだと思いますが、それについて詳しく書いてあります。僕はこれを読むまで三店方式について勘違いしてました。なんとなしに「店+交換所+客=三」と認識していました。客じゃなくって、パチンコ店と景品交換所の間に問屋を挟むから三店なんですよね。これはちょっと恥ずかしい。(^_^;)

一方、釘調整も実はグレーだということは知らないパチンカーも多いのではないでしょうか。
パチンコから釘をなくそうっていう話が本気で検討されているという事実は衝撃でした。僕は釘ってパチンコの本質的な部分だと思っているので、正直そんなのありえんし、釘が無くなってそれはパチンコと言えるんかと!
他にもメーカーが釘調整をしなくなった経緯、そして、店が新台入替初日でも出さなくなった理由など。
(´・∀・`)ヘーってことばかりでした。

第3章は爆裂パチスロが規制されて今の5号機になるまでの経緯が詳しく。

これを読むと警察が本気になるとこわいぞってことがよくわかる。
パチスロ自体を無くしてしまえ!ってとこまで行ったそうだからねぇ。
なのにパチンコメーカーは懲りてない。今同じ道を歩もうとしている。

第4章のマックスタイプがなくなる日につながるわけだ。

警察が怒ってスロットがあれだけ規制されたのに、2004年の日工組内規の規制緩和を機にどんどんギャンブル性が高まっていき今の状況になっちゃった。今まで僕はスロットを規制する代わりにパチンコの規制を警察が緩和したのかと思ってたけど、実は違うのね。日工組が勝手にしたこと。その後も時々空気を読んで若干の内規の変更はしつつも大事な部分では警察の指導をつっぱねてきたということらしい。

そりゃ僕らは(特に嫁)はマックス大好きだけどさーまあ無茶しすぎたわな。
さすがに荒すぎ。突通とか無くなって良かったと僕は思う。

今は甘デジもあるし、ライトミドルも増えてきたし、もちろんその中にはマックスもあっていいと思うけどね。客が選べるラインナップが揃ってればよしかと。

第5章はネットでよく言われてるような民族関係の話。

北朝鮮への送金問題、外国人ゴト、韓国のパチンコの話なんかが書かれてます。
これまた知らないことばかりだったんですが、正直僕はこの辺の話はあまり興味は無いんですよね。
パチンコっていうとやたらこのへんの問題をつついてくる人もいるけどねぇ。個人的にはわりとどうでもいいことかなぁ。

最後のあとがきでは、「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」って本についての批判が書かれています。

デタラメな本らしい。けどかなり売れたらしい。この本の著者はネット上でパチンコバッシングをしてました。
両方の意見を聞くのも大事だからこれも読んでみようかなと思ったんだけど、バッシング本に金払うのもバカバカしくなってこっちはまだ読んでいません。

一方で、『パチンコがなくなる日』はタイトルから誤解する方もおられるかもしれませんが、パチンコバッシング本ではありません。パチンコ愛に満ち溢れた作者が書いた本です。

普通の打ち手が知らなかったあっち側のことをいろいろ知ることができるので、パチンコ好きな方ならそこそこ興味深く読める本だと思いますよ。ヘビーなパチンコファンなら知っとくべしかと。

あ、ただ読んだからといってパチンコを打つ上で何か得するとか勝てるようになるとか、そういう実用的な本ではないのであしからず。


パチンコがなくなる日

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

コメント

おぜっちさん、こんにちは。

私も読みましたが、
おぜっちさんのレビューで十分書き表されてますね。
さすが、ライターさん!(。ゝ∀・)b

ぱちんこ業界が変わっていかないと
ぱちんこがなくなる危機を提唱しているんですよね。
この先、どうなるんでしょうね~。
  • 2011-02-27│16:49 |
  • マネキネコ URL│
  • [edit]
Re: マネキネコさん
つたない文章にもったいないお言葉、ありがとうございます。m(_ _)m
読書感想文は苦手。夏休みの読書感想文とかほんと嫌だったな~

ぱちんこ大好きですから、ぱちんこがなくなることだけは避けて欲しいですね。
まあなんだかんだ形を変えながらもしぶとく残っていくとは思います。
打ち手としては変化についてくしかないですかね。
  • 2011-02-28│16:27 |
  • おぜっち URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

おぜっち

Author:おぜっち
元パチプロ。
現在はネットショップを運営しつつ、嫁のかおりんと共に日々副業パチンコに励んでいる。
パチンコ雑誌にコラム連載中。
特技:1000回ハマリ、タコ粘り

パチンコ雑誌にコラム連載中♪

パチンコ必勝本CLIMAXにコラム『仲良し夫婦は今日も打つ!』を連載しています。

おぜっちのオススメ

パチプロが考えた!1回すくえばジャスト125玉!

125玉ジャストカップ。仲良し夫婦も愛用中。パーソナルシステムじゃない店で打つならぜひ欲しいアイテムです。

ブログランキングの順位は?

応援クリックお願い致しま~すm(_ _)m 
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

最新記事

ブログ内検索

楽天

人気ページランキング

ブログパーツ

パチンコニュース


    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。